詩人も語らぬ…? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-05

[]強い女神

 いまメソポタミア神話を調べているのですが(別件で。サガとは関係ありませぬ)、シュメールでいわゆるイナンナ(のちのバビロニアでのイシュタル女神)の讃歌によれば、彼女は他の神を束にしてようやく同等と威張っています。讃歌ですから誇張して褒めまくりなんですけど、ひとりで全部を敵にまわした天晴れなサイヴァ女神を連想します。

 このイナンナ女神は冥界にくだったこともあり、なんと死も体験しちゃってます。そのへん、サイヴァ様とはぜんぜん違います。その後、自分の死を嘆き悲しまなかったという理由で、夫を身替わりに冥府に追いやって、ちゃっかりよみがえります。ゴイス。

 メソポタミア神話を調べるだに、大河のほとりにおこった文明だけあって、水というものの位置づけがたいへん重要だなと思うのです。してみると光神を主神とする神話大系世界であるマルディアスとは、メンタリティが全然違うでしょうね。

 ちなみにイナンナ女神がつさかどるのは性愛と戦、もし彼女を崇める文明が没落し、新興の文明にとってかわられたとしたら、サイヴァのように破壊女神として位置づけられるという展開もあったかもしれません。

 つまり、征服民族(人間ということになります)に奉じられていたエロールを主神とする神話大系がマルディアス世界で正当とされ、必然的に、それ以前の被征服民族(巨人や魔物?)が奉じていた神々は悪神に堕せられたと。

 力こそ正義と完全に断定されている世界を想定するならば、サルーインもべつに悪ではないのだと思います。破壊神といいながら、彼は実に多くのものを産み出してもいます。ジュエルビースト然り、四天王然り、そしてゲッコ族を立ち上がらせたのも彼でした。

 ゲームの上では、悪神は悪神として討伐される必要があるので、サルーインは最後の最後まで悪いヤツです。が、ただ一面的に「悪」ではなさそうだと匂わせるエピソードが入っているデスシェラハの扱いを見るだに、こういう読みとりかたをしても、おもしろいかもしれないなー、と思ったりしています。